スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗戦から学ぶ馬上競技

この形式、PPTで一度作成しちゃうと、画像を移動させたりするだけなので楽なことに気付いた・・・
とゆーわけで、2日連続トーナメントネタ。

今回は敗戦時のやり取りを見てみよう。

今回紹介した手は、人間の優位性が浮き出ていると思われる
|-`).。oO(えらそうなこと言ってるけど、2手目でジャイコンボ決めてれば勝ってたのよね・・・)

2010_tournament_敗戦



ここから学べることは・・・・




Aの相打ちで人間はコンボ確定
Aの相打ちは意外と多い


スポンサーサイト

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

実戦で学ぶ馬上競技トーナメント

前回拍手が7(現在は8)というエントリーで、トーナメントの続きを書いたが、少々投げやり感が否めないので、またまた続きを書かせて欲しい><

■今回は、実際にオンちゃんさんが実戦で出した手を元に解説しよう。


どーだろう?わかりやすく、パワポで説明してるつもり。
コレは、つい最近実際に対戦した相手とのやり取りだ。

■まず初手!
なーーーんにも考えてまへん。
だって、1/4だもの(;´Д`)

20100903_case_study01.jpg
初手、AをSで差した。この時点でかなりのアドバンテージといえよう。









■二手目!オンちゃん考えた!
|-`).。oO(相手はA→Wでコンボ狙いかな?そしたらAで差せるな・・・いや!)

|-`).。oO(相手はそのAをSで差さそうとしてるかもしれない!)
|-`).。oO(相手の次手をSと読むなら、Dか?・・・)
|-`).。oO(もしDがWでつぶされたら目も当てられない!・・・)
|-`).。oO(Wで相打ちになっても、振り出しに戻るだけだし・・・)
20100903_case_study02.jpg
二手目で、Wという安牌手として書いているが、これは対人間にとっては安牌手とは一概に言えない。
何でかと言うと、人間は、A→Wでコンボが成立するだからだ。
※前の手で差されてても、A→Wとやればコンボは成立するのである。重要な情報だ。
Wの後は三すくみ手なので、三手目以降は運全開だし( ´∀`)b

・・・とまぁ、無難に行ったところ、分の悪い相打ちだが、Aが差されることは回避できたわけだ。
※安牌手が理解できない人は、トーナメント ~Day4~を一読されたし(^-^)v





■三手目!
|-`).。oO(もしかしたら、相手はジャイのW→Sコンボ警戒してんじゃ?・・・)
|-`).。oO(前回手のSに対する安牌だし、Aで無難に行くか・・・)

20100903_case_study03.jpg

ひゃっほーい/(^o^)\次に安牌手の相打ちで勝ち確定ー










■四手目
とまぁ、相手はWでもSでも・・・
こっちがSを出せば削り勝ち
Aを出したら差し勝ち!

20100903_case_study04.jpg
今回は削りあいのS×Sで勝ちを拾った!




|-`).。oO(コンボは決まったらラッキー程度だな・・・)


とまぁ、長くなったが、何度でも言う!

対NPCで100回対戦するんだ!


そうすれば慣れる!

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

拍手が7

トーナメントネタでアクセス数が多ければ続きを書く・・・
なんて書いたが、実はアクセス数は増えなかった。

うーん、皆トーナメントなんて興味ないのかなぁ?
と思いきや拍手がいまだかつてない7を記録しているのを発見!

少しトーナメントについて突っ込んだ記事を書いてみようと思う。


トーナメントで負けにくくなるコツを伝授しよう。

1.案牌手を自然に出せるようになること。
  NPC戦を何度も何度も経験しよう

2.(NPC戦で)1手目差されたら、ラッキー!と思おう。
  意外と初手差されることはないので(1/4なので)差されやすいD
  で初手差されたあとに挽回するストーリーを組み立ててみよう。
  本当に負けにくくなるのは、逆境であわてないことなのだ><

多分・・・
NPC戦を100回くらいやったら、ずいぶん慣れてると思う。
対人戦で負けるケースとして多いのは気負ってしまい、ついつい悪手に手をだしてしまうこと。

これが無ければ結構勝てる。
悪手、というのは、たとえば・・・・

相手がSを出した。
次に相手はSを出すことが出来ない、且つS以外のAWDで来ることが決まってるとゆーのに、Dで良い思いをする可能性はきわめて低い。
こーゆーのを悪手と呼ぶ。


一言で悪手を説明すると・・・・
相手が次に出すことが出来ない手を差そうとする行為だ
※Wにの次の手には悪手は無いのと、SのWに対する特殊性も把握しておこう。

他にも悪手はあるが、意外と裏の裏の裏でコツーんといけたりすることがある。
このあたりは、以下の誰かが作った表見て勉強してもらうと良い。

相性表



※いい加減なエントリーでごめん、最近ブログ熱が冷めてて><

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

馬上競技トーナメント ~Day4 明日に向かって打て~

本当にしつこくてすまないが、トーナメントは、筆者がKIAIを入れて取り組んだコンテンツのため、説明が長い。
全4日の日程で説明させていただいた、小分けで本当にごめんなさい。
トーナメント ~Day1~
トーナメント ~Day2~
トーナメント ~Day3~
トーナメント ~Day4~ ←今日はココ


さて、4日に分けて説明したが、今日は最終日。

今日は実戦で説明しよう。
ちょっとこれもしつこいが、このブログエントリーは、筆者がキアイを入れたトーナメントが、過疎っているがために啓蒙の意味も含めて紹介している、初心者むけのエントリーである。
トーナメント常連様向けではないことをお断りさせていただく。





今日は一言だけ。




相手が出した手の安牌を出せ



え?イキナリ大きいフォントで何を言ってるんだ・・って?
君、ちょっとコッチ来たまへ
まずはNPCとの練習にエントリーするんだ。

精霊タイマーの声が入ってるのは愛嬌だよ。ごめんください。
タイマー!?炎上だ~・・・の時はブログ閉鎖します┏o





次に具体的に何をすれば良いのか説明を。

安牌ルール1:NPCがを出したら次の手としてを出す
安牌ルール2:NPCがを出したら次の手としてを出す
安牌ルール3:NPCがを出したら次の手としてを出す

以上だ


え?Wがないって?
実はWは三すくみ手と言って(勝手に命名)、次に出す手で安牌はないのだ。
え?じゃぁどうすればいいかって?

じゃぁ・・・
Wのルール:NPCがを出したら



※Wの後に出す手に答えはないよ!
 Dでもいいし、Sでもいい。

じゃぁ手本を以下に。
初手はなんでもいいよ。

途中ドンキッキが会話したがってしまってゴメンちゃい。
対戦中に会話のタイミングが合うと、槍のグラフィックが精霊武器になり、さらに、たまーに馬に後ろ向きに乗る表示上のバグがあるよね

上の対戦例では、初手相手ができた。
聡明な本ブログの読者諸兄なら次に何をだすべきか分かるね?

答えは
ラッキーなことに、相手がを出してきたのでSで刺すことができた。

同様に前述の安牌ルールに従って手を出してみよう。
クレバ~、スマ~トな読者諸兄ならわかるね。

答えはだ。
おっと、なぜか相手はDを出したのでまたまたうまい具合にハマったぞ。


最後は何をだしたらよいかわかるね?
そしてコレがジャイアントの王道コンボであることも付け加えておく。
WでDを差した・・・・ときたら・・・・

答えはだ。






トーナメントのなんたるかが分かったところで、NPC相手に10本ノック行ってみよう!
多分この手を使えば、NPCなら勝率7割~8割は固いと見る。
初手SでDを喰らう・・・とかがなければね。

初手AでSを喰らったりして、初手からどう組み立てていくかの重要性を知ることになるのだ。




そして当然!馬上競技のトーナメント先輩達は、このあたりを熟知した上で戦いに臨んでくる。
あれ?王道ならSのはずが、Wで来たぞ?
な~んてことも多々発生する。
できれば、時を同じくしてトーナメントに興味を持ち始めた人と対戦練習すると、さらにレベルアップだ。


もしもこのエントリーのアクセス数が多いようなら、もうちっとだけ続くんじゃよ。このネタで・・・

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

馬上競技トーナメント ~Day3~

昨日のエントリーでは、ルールと、各攻撃の威力などについて説明した。

今日は、種族毎に存在する「特性」について説明する。

繰り返しですまない。
トーナメントは、筆者がKIAIを入れて取り組んだコンテンツのため、説明が長い。
全4日の日程で説明させていただくことを、あらかじめお断りさせていただく。
トーナメント ~Day1~
トーナメント ~Day2~
トーナメント ~Day3~ ←今日はココ
トーナメント ~Day4~


種族毎の特性により、個人的主観では以下の優劣が存在する。(と見ている)

人間 >> ジャイアント ≧ エルフ


「特性」とは、コマンドを入力する順番をあわせることで、通常ダメージよりも多くのダメージを与えることができるもの。



人間     :A の後に W
ジャイアント:W の後に S
エルフ    :相打ちの後にA



これはさほど重要ではない。
というか、これを過度に気にしすぎると痛い目にあう。

これは、気にすれば気にするほど、人間有利になってしまうシステムであると筆者は見ている。
これを頭の片隅に常に記憶しておき、とっさに相手にあわせることができるようにしておけばよい。


このコンビネーションの仕組みだが、ぱっと見分かるとおり、エルフがきつい。
エルフは相打ちありきなのだが、これは自身が狙って発動させることができない
この種族特性において、優劣の面で言うとエルフは論外である。

次にジャイアント。
これはWの後にSだが、これも実は安定運用(コンボ確定)はDをWで差した時だけである。
WをAで差された後でもSでコンボは発動するのだが、Dで止められたら正直目もあてられないのだ。

最後に人間
人間優遇されすぎ。


一応 Day3 として説明したが、この日の授業はきれいさっぱり忘れていいのだ。

と、ワケわからんちんなコトをいいつつトーナメント ~Day4~へ続く。


テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

オンちゃん

Author:オンちゃん
ジャイアントをこよなく愛するオンなんちゃらさんのジャイ日記。

ブログランキング殿堂入りはウソっこでした!
1位になるためにしばらくランキング確認協力おながいします。

FC2カウンター
主なキャラクター
名前の由来はコチラ
■オンデマンド
 オンデマンド
 旧メインキャラ:人間♂

■オンライン
 オンライン
 サブキャラ:人間♀

■オンリーワン
 オンリーワン
 ほとんど倉庫キャラ:エルフ♀
 
■ジャイアンド
 ジャイアンド
 現メインキャラ:ジャイアント♂
 
■ブワワ
 go~kyu~1
 水泳選手:人間♂

FC2 Blog Ranking
カテゴリ
マビノギブログリンク
マビブログリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
619位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マビノギ
13位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
mabinogi
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。